専門学校で警察官に


警察官を目指すために専門学校に行く場合があります。その場合、どういったことを学ぶのでしょうか。

クラスの仲間の結束力学校によって、様々なコースがありますが、2年間で警察官をめざすと専門学校があります。こういった学校では警視庁警察官ⅠⅢ類(東京都の警察官、Ⅰ類は大卒、Ⅲ類は高卒程度の試験問題)、各道府県警察官(地方公務員)の資格のために勉強します。大学に行きながら、または社会人として働きながら、こういった専門学校に通って資格を得るという人も増えているようです

こうした警察官の試験は、その地方自治体によって、様々ですが、早いところでは4月からです。のんびりはしていられないでしょう。学校側としても、合格者を少しでも多く出したいでしょうから、一生懸命です。どの学校も先生方は熱心ですから、試験を受けるにあたって、質問事項等があれば、何でも答えてくれますし、クラスがあるような専門学校は目標が同じなので、クラスの仲間の結束力が固く、良い思い出が作れるようです。

そのカリキュラムは将来警察官として知っておきたい法律関係(刑法、憲法等)、公務員試験に必要な一般教養としての知識、知能分野、作文、適性演習、体力強化のためのマシーントレーニング、実社会で役立つパソコン演習、ビジネスマナー講座等、多種多様なものです。こういったことを学び、警察官になるための採用試験に臨むのです。